kioka_big2


CFRP抜型(刃物)の製造からCFRPを打ち抜き、後処理までの一連の工程について複数特許確定・出願されています。その他の抜型刃物や試作品なども特許出願、意匠登録が複数出されておりますので御注意ください。





ハガタ屋では、優秀な人材を募集しております。機械工学、高専の機械課卒業者など優遇いたします。事業・技術後継、後継者育成、FA制度などのプログラムも充実しております。

製品紹介


スーパー繊維と言われる繊維織物(ケブラー、ダイニーマ、ザイロン、ベクトラン、トワロン、テクノーラなど)を、従来のプレス裁断設備そのままで、自由な形に打ち抜き裁断のできる、スーパー繊維用抜型です。



鉄の約10倍と言われるCFRPの加工は、ウォータージェットやレーザー、工作機械などを用いたものがありますが、量産加工方法は確立されていません。
抜型で打ち抜けば「あっ」という間に加工でき、汚水・有毒ガス・高熱・粉塵などの環境問題も解決できます。加工スピードやコストなどを考えれば抜型が最良の選択ではないでしょうか。



オートメーション機器を使用して、紙折、糊付けをする封筒は、紙の大きさがわずかでも違うと機械が動かなり、コストがかかります。当社の封筒用抜型は、一回のプレスで、一番上から一番下の紙まで1ミリの誤差なく400枚~500枚の紙を打ち抜く切れ味と、数十万枚~150万枚の紙を打ち抜く耐久性を併せ持った抜型を製作します。



各種システム機械、油圧、空圧のプレス機械製作を行っており、現場に合わせた製作も可能です。1台の機械で、サイドマーカーランプ、エアダクト、フォグランプ、エイミング、ライセンス、フロントエアースポイラーなどの穴を左右に打ち抜くことができます。基本的には、エアシリンダーによる打ち抜き機でコストダウンを図ります。必要に応じて、移動用キャスターや安全装置などの取り付けも可能。抜きカスはリサイクル品として再利用できます。